研修・関連会議等

ビジネスプレゼンテーション

第1回全体会・研修「BCP(事業継続計画)について」

​日時:6月2日

  • 研修趣旨

    • 厚労省ガイドライン、事業継続のための計画づくりと研修実施。残り2年の中でどのように進めていくか、どう考えていくべきか、協議会の役割についても深めていきたい。BCPには感染症も含まれるが、今回は災害を対象に勉強したい。

  • 映像視聴 厚生労働省「BCP 概要」

  • 事例報告 清風荘 林氏(ゆたか会 BCP委員長)

    • 発災時の重要な事は、施設の安全確認と入所者の安否確認、安全エリア確保、本部体制の確立。

    • 見える化も大事。文字ではなく、写真の活用や目印掲示等。

    • 琵琶湖西岸地震、いつ来るか、本当に来るかという疑問を抱きつつ、まずは作って、訓練(実証実験)を行い課題を洗い出して行くことが重要。
       

  • 意見交換 

    • 通所や訪問系の事業ではどう考えれば良いのか?

      • 名寄せリスト(個人情報)をもとに、所在確認や、被災後のサービスの受け入れ先の調整などの業務が求められるはず。その場合、地域内の事業所連携が重要になると思われる。

    • タイムライン(フェーズ分け)とインフラの見通しについてはどうか?

      • 3時間・3日という発想で、発災からの時間設定として言われているが、高島市の中でどういう状況になるのか。インフラの復旧については、行政からの情報が欲しいところ。福祉避難所の開設基準と合わせて、いくことも一つ。

BCP動画サムネイル.png
BCP研修サムネイル.png